引越し先の新居に到着してから、なるべく早くやることをまとめています。

近所への引っ越し挨拶

ご近所への引越し挨拶は、引越し作業が始まる前にやっておくのがベターです。作業のためにトラックが停まったり騒音が出るからです。

新居でお隣さんに挨拶するのは一人暮らしの女性の場合は少し不安ですよね。

アート引越センターふたつよろしくサービスは、旧居と新居のご近所に、作業前にスタッフさんがティッシュボックスを持って挨拶にいってくれます。

搬入された荷物・新居の床や壁を確認する

業者が運んだ荷物をすべてチェックして破損や紛失がないか確認します。床や壁に引越し作業でキズが付かなかったかどうか確認しましょう。

できれば引越し業者がいるうちにやってしまった方がいいです。作業の直後なら誰に責任があるか分かりやすいですが、時間が経ってしまってからでは業者の責任かどうかが分かりにくいからです。

通常、荷物の紛失や破損は1か月~3か月以内の申告が必要です。可能な限り早く申告した方が良いでしょう。

電気・水道の使用開始

電気はブレーカーを上げれば、水道は元栓を開ければ使えるようになります。

ガスの使用開始

ガスを使うためには、開栓手続きに業者との立ち会いが必要です。ガス会社に予約をして、都合のよい時間にきてもらいましょう。どうしても都合のよい時間がなければ、管理会社の人に立ち会ってもらいましょう。

安く引越したいなら
引越し業者の一括見積もりがお勧め!

複数の引越し業者から見積もりを取ると、単身なら1万円以上、家族なら5万円以上もの料金差が出ることがあります。

一括見積もりサイトでお勧めしたいのが、テレビCMでもお馴染みの引越し侍です。

引越し侍は全国230社以上の業者の中から最大10社の見積りを比較できます。連絡先を入力しないで引越し料金を調べる方法を使えば、引越し業者から電話がかかってくることもありません。