一人暮らしの引越し料金の相場はどれぐらいだと思いますか?距離別の相場料金(オプションサービスなし)を通常期と繁忙期に分けてまとめてみました。

引越し料金には定価がありませんから、引越し業者から見積もりを取る時のおおよその目安としてください。

一人暮らしの引越し相場料金

移動距離 通常期(5月~2月) 繫忙期(3・4月)
同一市内(~15km) 29,000円(20,000~72,000) 57,000円(20,000~140,000)
同一県内(~50km) 32,000円(20,000~75,000) 63,000円(20,000~140,000)
同一地方内(~100km) 39,000円(25,900~82,000) 78,000円(25,900~164,000)
近隣地方(~200km) 59,000円(41,300~154,000) 113,000円(41,300~308,000)
遠距離地方(200km~) 82,000円(41,300~245,000) 162,000円(41,300~490,000)

引越しの時期によって料金相場は大きくかわります。5月~2月の通常期(閑散期)は引越し業者の予定が空いていますから、相場は安いです。

3月・4月の繁忙期はスタッフを増員したりトラックの台数を増やして対応しますから、相場も高くなります。

オプションサービスとは?

オプションサービスとは、引越し業者の基本サービスに入っていない作業のことです。

『エアコンの取り外し・取り付け』『ピアノの運搬』『クルマ・バイクの輸送』『不用品の処分』などは、別料金となっています。

単身パックが一番安いのでは?

これから一人暮らしをしようという方に最も人気なのが単身パックです。コンテナボックスに収まる荷物であれば追加料金が取られないために安心して利用できるのでしょう。

追加料金の掛からない安心感から単身パックを選んでしまう方が多いですが、必ずしも単身パックが一番安いとは限りません。

近年は引越し業者の競争が激しく、利益率を低くしてでも受注しようとしている業者が沢山あります。 相場よりも安くお得に引越すためには、見積もり段階でパックと通常コースを比べてみましょう。

自分で作業するよりも業者を利用した良い

最も安くなるのが、業者を使わず自力で引越すことです。

しかし、注意しておきたいのは『自分で引越しするとマンションの共用部を傷つけて引越し代以上の金額を請求をされることがある』ということです。

素人の技術で家具をぶつけずに運ぶのは非常に難しいです。外壁やエレベーターを傷つけるリスクは避けるためにも、引越し業者に依頼した方が良いです。

業者のスケジュールが空いている時間帯を狙おう

たとえ繁忙期でも、たまたま引越し業者の予定が埋まっていない日を見つけられれば通常よりも安く引越しできる可能性があります。

引越し業者の予定が埋まっていない日程や時間帯を狙って引越しするために活用したいのが一括見積です。複数の業者から見積もりを取ることで安く引越しできます。