アート引越センターのレディースパックは『引越し当日の搬送作業はすべて女性スタッフが担当する』ということで女性から高い人気があります。

「デリケートな荷物だから男性には見られたくない」という需要はとても高く、アート引越センター以外の業者も同様のサービスをはじめるようになりました。

この記事では、レディースパック利用時のポイントについて解説します。

スポンサーリンク



レディースパックはこんな人におすすめ

レディースパックは、下記のような悩みを持つ女性にお勧めのサービスです。

  • 「自宅に男性が入るのはちょっと・・・」
  • 「部屋で男性スタッフと2人きりになりたくない」
  • 「男性に見られたくない荷物がある」

荷物の搬入・搬出作業を全て女性スタッフが行ってくれますから、女性の引越しには安心です。また、盗聴器の発見調査や洗濯機の設置サービスなどもあります。(重い荷物を運ぶ際には男性スタッフが作業を行うこともあります)

レディースパックはアート引越センターのみ?

アート引越センターのレディースパック

レディースパックをやっているのはアートだけと言われることがありますが、アート以外にも多くの引越し業者が女性向けプランを用意しています

『レディースパック』はアート引越センターが商標出願していたため、他の大手業者は商品名に設定しなかったのでしょう。(2005年6月29日に登録しないことが決定しています。)

中小業者は「女性のための引っ越しサービス」を「レディースパック」という表示で提供しています。

ほかの引越し業者の女性向けプランは?

アート以外の業者は、女性向けプランとして以下のような対応をしています。

SGムービング(佐川) レディースムービングサービス(見積から事前の荷造り、当日の搬出・搬入、荷解き作業まで、女性スタッフが対応)
サカイ引越センター 希望があれば1名は女性スタッフを派遣する
日本通運 箱詰め・荷解きなど女性スタッフ対応プランあり(別途料金)
ハトのマークの引越しセンター 箱詰め・荷解きなど女性スタッフ対応プランあり(別途料金)
ライフポーター・ワタナベ運輸 関東限定で「女性限定コミコミパック」あり
さくらスマイル引越隊 女性中心の引越隊、梱包作業に女性スタッフの指定が可能
引越しのムービングエス なでしこレディース引越し
アリさんマーク 女性スタッフ限定プランはなし。スタッフの身元等を明確にすることを義務付けた「身元保証制度」を導入。

『荷解きだけは女性スタッフが担当するプラン』は多くの業者が行っています。

訪問見積もり時に女性の営業担当者を指定できる?

訪問見積もり時には営業マンを自宅にあげなければなりません。一人暮らしの女性だと、見積もりに必要だとしても見知らぬ男性を自宅にあげることに抵抗を感じてしまうのはしょうがないでしょう。

残念ながら、訪問見積もり時に女性を指定できる引越し業者はありません。

たまたま営業担当の女性のスケジュールが空いていれば対応してくれることもありますので、見積もりを依頼する際に頼んでみましょう。

レディースパックの料金相場

レディースパックを使うと通常の料金相場よりも若干高くなります

独身女性が引越しする場合の料金目安は以下の通りです。

【レディースパックの料金目安(1tトラックを使って4時間以内の作業時間)】

移動距離100kmまで:20,000~30,000円
移動距離150kmまで:25,000~35,000円
移動距離200kmまで:30,000~45,000円

繁忙期は1.5倍から2倍になることもあります。時間帯によっては安く抑えることもできますが、レディースパックの『女性スタッフだけを揃える』という性質上、そもそも時間帯を選ぶことが難しいです。

レディースパックに対応できる引越し業者選びのポイントは?

女性スタッフは男性スタッフと比べて人数が少ないので1日のうちに対応できる件数に限りがあります。そのため、引越し希望日に先約があって依頼できないケースがあります。

また、全員女性スタッフに依頼したい場合は対応できる引越し業者も限られてきます。個別に問い合わせてみたら「弊社では対応できません」と断られてしまうこともあるでしょう。

そんな時におすすめなのが「一括見積もり」です。レディースパックを用意していて、なおかつアナタの希望日に対応できる業者を見つけることができます。

レディースパックの見積もりを見たら予算オーバーしてたり、もっと安く引越せるところがあるのでは・・・?と思った時にも利用してください。

スポンサーリンク