単身パックなどは別ですが、基本的に引越し料金には定価はありません

初めて引越しする方は「値切り交渉するのに気後れしてしまう」と感じることが多いですが、定価のない商品に対して値切り交渉するのは一般的です。

賃貸アパートを借りる時だって家賃交渉しますよね。引越し料金も交渉していいのです。

業者側も値切り交渉があることを前提に見積もりしてきますから、訪問見積もりで業者から出てくる提示される金額は割高になっているケースがほとんどです。価格交渉しない方が損する可能性があります。

見積もりを取った中で一番安い料金を提示してきた業者でさえ、さらに安くなる可能性があります。

引越し見積り時に使える値切り交渉テクニック

営業マンの決り文句に「今決めてくれれば○○円にします」「今決めてくれれば○○のサービスを付けます」というのがあります。

この場合は「後日返事した場合の値段を教えてください」と返しましょう。翌日や翌々日に返事をしたから高くなることは少ないです。

「時間の指定が無ければ安くします」については、何時に来るか分からないことに注意しましょう。時間指定が無いフリー便を選択すると、夕方になってようやく来ることもあります。

とはいえ、時間指定が無い場合の料金は聞いておいた方が良いです。約束の時間になっても業者のトラックが来ないトラブルがあった場合、現場で値引き交渉が出来るからです。

電気工事に関しても値引き交渉が効きます。工事業者から請求がくる金額には引越し業者の取り分が上乗せされています。電気工事を引越し業者経由で頼むのも良いですが、電気工事の見積りを比べることで、更に安くできます。

値切り交渉は嫌味の無い程度にするべき

引越し業者の営業マンも人間ですから、あまり困らせない方が良いです。特に繁忙期などは「このお客さんから受注するとクレームが多そうだから、こちらから断った方がいいな」と思われたら、業者側から断られてしまいます。

引越し見積りの値切り交渉を狙うなら「一括見積もり」を活用する

引越し見積もりを少しでも安くするためには、複数の業者からまとめて見積もりを取れる一括見積もりサービスをおすすめします。

引越し侍はユーザーが営業電話に悩まされることのないように作られています。