引越し料金には適正価格があり、引越し業者は国土交通省が定める【標準引越運送約款】に沿って料金を決めています。

ざっくり言うと、引越し料金は「トラックの大きさ」「移動距離」「オプション」によって価格が変わります。

荷物が多ければ多いほど、引越し先が遠ければ遠いほど料金は高くなっていきます。

引越し先が決まっている以上、移動距離を短くすることはできません。レディースパックやピアノ・車・バイクの運搬などのオプションサービスも人によっては外せないでしょう。

引越し料金を安くするために最も有効なのは荷物の量を減らすことなのです。

ダンボールの量

荷物が多いほど料金は高くなります。荷物の多い少ないはどうやって判断するのでしょう?

ざっくり言うと『荷物の多さ=段ボールの数』です。

段ボール数個の違いが思っているより大きな金額になりますから、上手に梱包して段ボールの数を減らすことが大切です。

不要品の処分を

荷物が少ないほど引越し料金が安くなるわけですから、引越しこそ断捨離のチャンスです。

荷造りをしながら必要なくなったもをの処分してしまいましょう。引越し見積もり時に営業泣かせのイケアの家具など、壊れやすいものは処分の対象となりますね。

見積もりを出してもらう際には、不要品を処分してからにすることをお勧めします。あらかじめ不用品の処分をしておくことで、見積金額が安くなるからです。

オプション料金は業者によってバラつきがある

オプション料金は業者毎に価格が決められていますから、見積り額は業者によってバラつきが出てきます。一括見積もりなどで多くの業者から見積もりを取ることが大事なのです。

安く引越したいなら
引越し業者の一括見積がお勧め!

1.SUUMO引越し

SUUMO引越し見積もりのトップページ
  • 電話番号の入力が任意
  • 見積もり依頼する引越し業者を選べる
  • 依頼完了時点で概算見積金額がわかる
  • SUUMOだけの特典やプランを用意している引越し業者が多い
  • 引越種別(単身、家族、長距離、近距離、女性)ごとの人気業者がわかる

2.引越し侍

引越し侍のトップページ
  • テレビCMで有名な引越し侍
  • 登録業者230社以上の中から最大10社までの見積もりをとることができます
  • 登録業者が多く安い業者が見つかりやすいです
  • 連絡先を入力せずに引越し料金を調べる方法』があるので、営業電話に悩まされる心配がありません