昔からの習慣で引越しの際に悩んでしまうのが作業をするスタッフへのチップ(心付け)です。ここでは引越し業者に依頼する際の、心付けについて解説します。

基本的にチップを渡すは必要ない

昔は引越し作業をしてくれた人には心づけを渡すという約束事がありました。現在は引越し業者の料金にすべて含まれていますから、作業スタッフに心づけは必要ありません。大手業者になればなるほど必要性は低いです。

ほとんどの引越し業者は公式サイトで「スタッフへのチップは不要です」と明記してありますし、社内規則で「お客様からのチップは受け取ってはいけない」決めていることもあり、実際に渡そうとしても受け取らないことも多いです。

チップの渡し方

基本的にチップは不要ですが、作業スタッフにチップを渡すことに意味はあります。たとえ少額でもチップを渡せば作業スタッフが喜ぶのは間違いありませんし、引越し作業にもやる気が出ます。

チップは作業員一人につき1,000円程度が一般的で「本日はよろしくお願いします」と言ってポチ袋などに入れて渡すと良いでしょう。注意点は『作業前に』『一人一人に直接手渡しする』ということです。リーダーにまとめて渡してしまうと全員に渡らない可能性があります。

引越し業者に喜ばれる差し入れは?

スタッフに何か渡すならチップよりも『飲み物の差し入れ』がお勧めです。社則で現金を受け取るのがNGとされている引越し業者のスタッフも、お茶やジュースの差し入れなら問題なく受け取ってくれます。特に夏場はスポーツドリンクが喜ばれます。

作業のお礼という意味合いだけでなく、コミュニケーションを取りやすくなりますから、引越し作業がスムーズに進みますよ。