急な転勤が決まったり、進学先や就職先が決まるなど、引越しのきっかけは人によって様々です。

出来ことなら、繫忙期を避けて引越したいですよね。でも、ほとんどの人にとってそんなことは言ってられません。

このページは、3月に引越しをする人のためのお役立ち情報をまとめています。

3月は引越し料金が一番高い

就職、転職、進学など、4月からの新生活に向けて、引越し業者の需要が最も高くなるのが3月です。

1年で引越し料金が一番高くなるのが3月です。

引越し価格は通常の2倍近くになりますし、値引き交渉には一切応じない業者が多くなります。料金が高くなるだけならともかく、引越し業者のスケージュールに空きがないため、引越したい日に予約が全く取れないなんてこともありえます。

たとえ新居先が決まっていなくても引越しの見積もりは出来ますから、『どこの地域に引越すか』が決まった時点で見積もりを取ってしまうのも一つの手です。

値下げ交渉がしにくくても料金を抑えられる

3月引越しは値下げ交渉が一切出来ないと考えた方が良いです。

引越し業者はどこも予定がいっぱいですから、ユーザーの値下げに付き合わなくても仕事を確保できるからです。

そこで活用したいのが一括見積もりです。使わなければ大きな差が出ますから、まだ使ってない人は早めに見積もり予約を取っておきましょう。

>>無料で使える一括見積もりサイトはこちら

3月の引越し費用を抑える方法

出来ることなら3月引越しを避けるのが一番です。

それが無理な方だけ読み進めてください。ポイントは以下の2つです。

  1. 荷物はなるべく減らす
    引越し料金を確実に安くできる方法は荷物の量を減らすこと
  2. 複数の業者を検討する
    複数の業者から見積もりを取る時に注意することは?

引越し業者の早割はあってないようなものですが、3月だけは早めに予約しておいた方が良いでしょう。ギリギリの予約では交渉できなくなってしまいますから。
引越し業者の早割サービスを使ってはいけない理由とは?

安く引越したいなら
引越し業者の一括見積もりがお勧め!

複数の引越し業者から見積もりを取ると、単身なら1万円以上、家族なら5万円以上もの料金差が出ることがあります。

一括見積もりサイトでお勧めしたいのが、テレビCMでもお馴染みの引越し侍です。

引越し侍は全国230社以上の業者の中から最大10社の見積りを比較できます。連絡先を入力しないで引越し料金を調べる方法を使えば、引越し業者から電話がかかってくることもありません。